もしかして、いつの時代か彼女が私のお母さんだったかな…


ふとそんな風に思うことがある。


とても、良い母とは言えない…


とても頼りない私は、彼女の底知れぬ不可思議な宇津の愛に守られている。



hiromi



Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM